狂犬病について

  狂犬病ウィルスは、狂犬病に感染した動物の唾液中に含まれ、感染動物に咬まれる事によって感染します。感染動物としては主に犬・猫、アライグマ、キツネ、スカンク、コウモリなどからの感染が報告されています。
殆んど全ての哺乳類が感染し、がが感染すると恐水発作、興奮、麻痺などの神経症状を引き起こし、数日後には呼吸麻痺で死亡する恐ろしい病気です。
発症するとほぼ100%が死亡するといわれています。
  が感染すると平均30日の潜伏期間の後、初期症状としては情緒不安定、行動異常を示し、その後興奮状態、攻撃的となり、咽頭麻痺、流涎、泣き声の異常、噛み付き行動などを起し、その後起立不能、麻痺を呈し全身麻痺で昏睡死します。
凶暴性が増すため、人への感染リスクも高くなります。



写真は下顎を麻痺させながら吠えている感染犬の画像
(DAIRYMAN社 主要症状を基礎にした犬の臨床 より転載)



わが国では昭和32年を最後に発生がありませんが、海外では現在でも多くの国で狂犬病が流行し、年間4~5万人もの人が命を落としています。

 


何時日本にも人や物流移動によってこの病気が上陸するかは不明で、非常に危険な状況にあると言えます。
狂犬病予防法で飼い犬には万一の発生に備え、必ず年1回狂犬病ワクチンの予防接種が義務付けられています。
 幸いな事に現在日本は数少ない清浄国の一つですが、次世代の子供達のためにも愛犬のワクチン接種を行い、万一の日本への狂犬病の流入に備える事が大切だと思われます。
ぜひあなたの愛犬も狂犬病予防接種をお忘れなく!!
  
参考資料: 日本小動物獣医師会 人と動物の感染症パンフレット
        北海道獣医師会 愛犬を狂犬病から守りましょう


2016年度 江別市狂犬病集合注射日程 

 今年度の江別市の狂犬病集合注射日程と会場を掲載します。
下記日程以外でも、江別市内の動物病院ではいつでも狂犬病予防接種が受けられます。
お近くの動物病院にて予防接種をお受け下さい。

▼ 「市内動物病院はコチラ」




狂犬病予防注射料金の改定について  

消費税の増加に伴い、平成2641日より、狂犬病予防注射料金が改定されます。

 改定後の料金は以下のとおりです。

 

改定前の料金(3月31日まで)

改定後の料金(4月1日以降)

注射料金

2,490円

2,560円

注射済票交付手数料

550円

550円

合計

3,040円

3,110円

 犬の飼い主は、生後91日を過ぎた飼い犬に狂犬病予防注射を接種させることが法律により義務付けられていますので、毎年必ず接種しましょう。

inserted by FC2 system